火の用心。

  • 2018年12月28日
  • blog

夜、神保町を歩いていると、年末恒例の町内会の夜回りに出くわした。

大人に連れられた子供たちが、「火の用心!マッチ一本、火事のもと~」と、拍子木を打ちながら大声を張り上げている。

この子たちはマッチを擦ったことはなさそうだ。そもそも「マッチ」を知らないかもしれない。

こうやって意味はわからずとも、言葉自体は残っていくのだろうか。

 

今年なら「消臭剤ガスボンベ100本、爆発のもと~」とかかな。ゴロが悪いか(笑)。