がんばりましょう。

  • 2016年5月2日
  • blog

友人が代表をしているCGプロダクションで、一緒に仕事をしたことのある若者が辞めてしまったようだ。

二十代半ばの男性で、地方から上京してがんばっていたように見えたので、残念。

 

彼は数年で仕事をネガティブに辞めてしまうことを、何度か繰り返しているようだ。

これは、本人の問題が大きいのではないだろうか。

でも、そうならば救いようがあるようにも思える。

たぶん、周りを変えるよりも、自分が変わる方が簡単だからだ。

 

デザイナーやクリエイターはセンスが大事とよく言われるが、そうでもない気がする。

突出した才能がなくても、続けていくガッツや気持ちがあれば、なんとか食べていけると仕事なんだと思っている。

実際、自分がそうだし。

……そりゃ、才能はあるに越したことないから欲しいけど。

 

辞めてしまった彼は、特別な才能や才覚があるタイプじゃないけど、決して能力が低いわけではないから、次の場所へ行ったらがんばって欲しい。

ただ、このまま同じことを繰り返してしまうなら、数年でついていいけないことになると思う。

とにかく、あがいてでも、あきらめずに前に進むようにしたほうが良いんじゃないだろうか。

 

……と、ココまで書いて気がついたのだけど、自分もいまだにそんな感じだ。

彼とは一回り半ぐらい離れているけど、ある意味で同じ。

まさに『人の振り見て我が振り直せ』というヤツで、人のことをどうこう言ってる場合じゃないのでしょうね。

 

とにかく、がんばってくれたまえと言いたい。

オっちゃんもがんばります。

てか、お前ががんばれってノリ突っ込みな感じです。