2019年をいかに生きるか。

 

2019年の抱負です。仕事とプライベートの境がない感じです。

1.お金の計画を立てる

会社を辞めて以来、ずっとその日暮らしで過ごしています。なんとかやってきていますが、悩みや不安はお金関連が大きいです。

もしかしたら収入の収支動向をクリアにしてしまうと、自分の限界というか、将来が見えてしまう気がして怖かったのかもしれません。ある種の現実逃避なんでしょう。でも、それではアカン、と。

今年は月ごとに数字を見える化していこうと思います。財務三表などでしっかりと現状を捉えればアイデアも湧いてきますし、前向きで良い方向に進むのだと思います。それは、何より気持ちを楽にしてくれる気がします。

2.スケジュール=約束を守る

スケジュールは流動的で臨機応変に変えていくものですので、リスケ自体が悪いことではないと思います。

一方でスケジュールは相手との約束でもありますから、リスケ前提のスケジューリングをしないように心がけます。

4.サービス倍増計画

仕事では信用されることが大事です。そのためにはサービス精神が必要だと痛感しました。

ギブ&テイクでは足りなくて、ギブ&ギブ&ギブ&ギブ&ギブ&テイクぐらいで丁度良い印象です。

そして、単にクライアントの言う通りをするだけでは満足してもらえません

。想像を超えるような、質の良いサービスが求められます。

とても大変なことですが、アタマを絞ってサービスをします。

5.笑顔

一番大事なのは、ウキウキする心や笑顔。それが、前進する力になります。

楽しく生きていたいと、いつも思っています。

——————-

抱負としてはそんな感じです。

もっと細かい具体的な目標もありますが、それはまたの機会に。

Share: Facebook, Twitter, Google Plus

Leave a Comment: