デザイン合宿01

8月、9月、10月と新製品の開発プレゼンやイベントがあるので、雑念を捨て集中してデザインするために、長野県は追分に来ている。同僚の別荘へ一泊二日でデザイン合宿する予定だ。

元々、二泊三日でみっちりとやる予定だったのだが、同僚との意見のすれ違いから妥協案としてとりあえず一泊へ変更になった。

すれ違いの理由は、自分がもっと「もっとデザインに集中した方がいい!」とfacebookのグループでストイックに語ったことが発端。

ところが出発の前日、ヤル気マンマンだったはずの自分がほぼ徹夜をしてしまい、出発の時点でポンコツ状態。あの熱さは何だったんだという雰囲気の中、東京を出発。

東京から車で3時間で追分の別荘着。とても良いところで、こんなところで仕事したら気持ちいいだろうなという感じ。いや、仕事に来たのですが。さっそく、デザインをしている友人を横目に到着と共に爆睡。しばらくして起きると、まるでヤル気の起きないポンコツ状態で床に転がってしまう。

やっと起きたら、このまま京都へ禅の修行に行った方がいいんじゃないかというくらいグダグダ。今、座禅組んだら、喝がえらいことになって、高橋名人的な16連射喝を食らうんじゃないかと思っちゃうほど。

結局、見かねた友人が名物の温泉へ連れてってくれた。ありがとう。

温泉がさびれた、これまた変なところで、いまだにテーブルゲームがあって驚愕。ゲームはギャラガのバチモノのギャンダ。初めて聞いたよ。クローンかな。温泉は程よくぬるく、「このぬるさがきくねー」なんて言っていたら、後から来た人来た人が、「今日はぬりぃな」だって。なんだやっぱぬるいんじゃん。

風呂上りに友人とデザインについて話すと、段々と気持ちも持ち上がってきて、帰りしなに食事をする頃にはポンコツ状態から復帰ですよ。そのチャンスを逃さず、仕事、仕事。

結局、環境を変えたのは大正解。周りも静かだし、帰らなくていいから集中できる。いくつかそれっぽいアイデアも出てきた。これを現実的にブラッシュアップしていけば、いいんじゃないでしょうか。

プロダクトデザインは、地道で思考を重ねる仕事なんじゃないかと思う。色々な可能性を探っては捨ててディスカッションをしていく。瞬間的なアイデアも、やはり積み上げてきたものの上に乗っているものな気がする。…気がするだけね。人それぞれ考え方ややり方があるから、一概には言えないんだよな。

人間もそう。いつも同じようにはできないしね。地道にやるのが吉、という感じでしょうか。

とにかく、合宿は続きます。

Share: Facebook, Twitter, Google Plus

Leave a Comment: