トイレにて2

またトイレの話。

高校時代、クラスメートに爽やか系な友達がいました。

ある日、彼は通学途中にのっぴきならない腹痛を感じ、駅の近くのトイレに飛び込みました。ところが、個室が埋まっていて。

もれるかどうかの瀬戸際で取った彼の選択は、小便器で大をする決断でした。まさしく小は大を兼ねるというか、ウンコだけにケツ断という。…いや、スイマセン。

その話を聞いて爆笑したんだけど、ちゃんと便器にしゃがんでするのは偉いと変に感心しました。さすが爽やかなヤツはやることが違うな、と。シロウトは草むらとか、隠れたところを選んじゃうんでしょうね。

バカな話を朝っぱらから爽やかに話すのも、男子校のノリの良さだったのかな。

そんなことを思い出した小雨降る日でした。

Share: Facebook, Twitter, Google Plus

Leave a Comment: