吉本新喜劇

東京出身で大阪在住の友人から、吉本新喜劇がおもしろいと言われた。

そういえば学生の頃、何人かの関西出身の先輩が『昼食のカップラーメンを食べながら観るのがスタイル』と話していたのを思い出す。その先輩たちはお笑いにうるさく、おもしろい人たちだったから印象に残っている。

そんな感じで、気が向いたので土曜日の昼間、テレビを点けてみた。なるほど土曜日の昼間に大阪で、カップラーメンを食べながら観るのは、とても趣がある。(ちゃんとカップラーメンを買ってきた)

そして何より新喜劇がおもしろい。以前、何かの特集かビデオで観たときは印象に残らなかったけど、改めて鑑賞すると、声が出てしまうくらい笑ってしまった。

テンポが良くて、まるで飽きない。

こんなのを子供のときから観ていたら、そりゃ、みんなシャベリがおもしろくなるだろう。北国の子供がスキーやスノボが上手いのと同じ。まさしくトークの英才教育。

実際、大阪で仕事をしていると、仕事での会話が当たり前のようにおもしろい。それどころか、仕事場でそこかしこで聞こえてくる関係ない人達の会話でも、ニヤニヤしてしまう。皆さん、話すだけでなく、リアクションするのが抜群に上手い。

関西、恐るべし。