ポケモン楽しいです。

  • 2016年8月11日
  • blog

ポケモン世代じゃないからポケモンの種類や進化の法則を知らないけど(さすがにピカチューくらいは知ってる)、やってみるとかなり楽しい。

むしろ知らないから、新しいポケモンと出会えばテンションが上がるし、進化するシーンにはグッとくる。特に進化はエフェクトが終わって吼えるときなんて、彼らがとても愛おしくなる。

その感動を大事にしたいから、ネットのポケモン一覧や出現情報をシャットアウト中。狙って追うのも楽しいだろうけど、今はまだ出会いや進化を新鮮に楽しみたいのです。もっと図鑑が埋まって、欲しいポケモンがなかなか見つからないようになったときに、情報戦で狩りに挑むつもり。

今はそんな感じで、テレテレと楽しんでいる。

ところが残念なのが、進化を楽しみにしていたポケモンと、偶然に出会うとき。例えば、ナゾノクサがどんな進化するかを楽しみにしてたのに、偶然クサイハナを見つけたときの残念感。進化でナゾノクサがクサイハナになったらすごい楽しかったのに!!!

アレがこうなるのか!っていうのが、先にわかっちゃうのが悔しい。できれば、自分の手で進化したポケモンと出会いたいのです。

と、ブツブツいいながら、徘徊してます。

そうそう、ナゾノクサには思い出があって。

もう20年近く前の話。一緒に働いていた人の娘さんがナゾノクサが好きで、会社の休み時間にイラストレーターで描いてました。目の塗り方とか勉強になったな。A3かなんかの大き目のサイズにプリントアウトしたら喜んでたそう。

その娘さんはしばらくして、小学生になった頃に亡くなってしまった。

だから今もポケモンをやっていて、「(ポケモンを)博士に送る」というコマンドを見るたび、天国へ送りたいなぁと思うのです。